FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日米青少年ベースボールキャンプ 2日目

sd02_03.jpg
二日目の朝はいきなりプールへ。まだ9:00だというのに選手たちは元気いっぱいです。今日は中学生がTシャツを着たままドボン。なんだかんだ言って後ろから押してほしいんです。ちなみにコーチの僕も選手たちに落とされました。

sd02_04.jpg
プールの中でもバスケットボールが出来ちゃいます。英語バスケプログラムで鍛えた腕を披露できたかな。

sd02_05.jpg
日光浴も最高です。中学生ともなると日焼けも気になる年頃です。

sd02_06.jpg
お昼になるにつれ、各家庭から続々と子どもたちが集まってきました。ウェルカムパーティーの前にまずプールです。選手たちにとって庭にプールがあることが一番うれしかったのかもしれません。

sd02_10.jpg
ウェルカムピザパーティーの様子。大型のピザを好きなだけ食べることができる、まさにアメリカンスタイル。

sd02_07.jpg
フルーツも食べ放題。彼らにとってパラダイスな生活はまだ始まったばかりです。

sd02_11.jpg
お腹がいっぱいになったら、またまたプールへ。この後野球の練習だけど大丈夫か?
2年前来日し、フューチャーテーブルに泊まったDJとCJも合流。彼らはもう高校生になりました。
なんとCJの身長は195㎝!!野球部に所属し球のスピードは90マイル(144キロ)の速球を投げるそうです。

sd02_12.jpg
パーティーが終わり夕方になると、今回の訪米のメインイベント「ベースボール」!
自分たちで道具を持ってグラウンドへ移動します。

sd02_13.jpg
CJと一緒に歩くジャパニーズコメディアン。その身長の差もまるでコメディー映画のよう。

sd02_14.jpg
待望のグランド入り。体は野球がやりたくてうずうずしています。

sd02_15.jpg
芝生に囲まれた美しいグラウンド。外野フェンスまでは203フィート。子ども達でも会心の一撃でスタンドインのホームランが打てるというまさに少年野球のためのグラウンドです。

sd02_16.jpg
飛行機でなまり、ピザをたくさん食べた重い体はやはり、日本式走りこみが一番!
何回走ってもきついポール間ダッシュを5本走りました。

sd02_18.jpg
アメリカでの初投げ!気持ちよかったです。

sd02_19.jpg
池浪監督によるシートノック。美しい夕焼けに吸い込まれるようなフライが高々とあがりました。

sd02_22.jpg
ティエラサンタオールスターズをうならせた捕球姿勢。

sd02_21.jpg
フィールディングにも絶賛。WBCを制したサムライジャパン並みのスモールベースボールです。

sd02_25.jpg
ノックが終わったころには、日も沈み照明の下、ナイター練習です。これも日本の少年野球にはない新鮮さです。

sd02_26.jpg
バッティング練習の様子。初めての硬式野球に、ボールが飛ばない、手が痛いなど悩んでいました。帰国までに克服できるでしょうか?

sd02_29.jpg
練習終了後に歓談する様子。一緒にベースボールをやったことで距離がグッと近くなりました。

sd02_28.jpg
ティエラサンタオールスターズとの記念撮影。彼らとは一生の友達になるでしょう。

sd02_30.jpg
そして最後は日本式「グランドに礼!」
その統率された挨拶にティエラサンタオールスターズは驚きの様子でした。

2012年8月4日完
スポンサーサイト

日米青少年ベースボールキャンプ2011

2011年8月3日~8月12日
 日米の文化交流として、今年はフューチャーテーブル児童8名と2名の卒業生(中学生)が、横浜市の姉妹都市である米カリフォルニア州サンディエゴ市のティエラサンタ地区に訪米。ティエラサンタリトルリーグオールスターズの選手の他、多くの関係者と野球を通じて日米の親睦を図りました。初めてのホームステイ。初めての本物の英語。10日間のドラマをご覧ください。

1日目
2日目
3日目
4日目
5日目
6日目
7日目
8日目
9日目
10日目






日米青少年ベースボールキャンプ2011 1日目

sd01_01.jpg
日米青少年ベースボールキャンプ開幕。フューチャーテーブルを出発!

sd01_02.jpg
期待と不安を胸に、成田空港第二ターミナルに到着

sd01_05.jpg
今回日本代表の監督を務める池浪監督による決起ミーティング。池浪監督は横浜ベイスターズの村田選手や石川選手、オリックスバッファローズの坂口選手らのマネージメントをされている野球のスペシャリストです。

sd01_07.jpg
さぁ。いよいよ出国。しばらく日本とお別れです。

sd01_10.jpg
機内での様子。普段は制限があるテレビゲームも機内ではやり放題!?機内食もおいしかったです。

sd01_11.jpg
体が小さいのでこんな寝方もあるんです。隣のお客様すみません。

sd01_12.jpg
待望のアメリカ合衆国の大地に足を踏み入れる瞬間です。

sd01_14.jpg
LAX(ロサンゼルス国際空港)に到着。強い日差しとからっとした陽気が印象的でした。

sd01_17.jpg
サンディエゴ空港に到着。ホストファミリーの皆様がお迎えに来てくれました。

sd01_18.jpg
ホームステイ先に到着。大きい部屋、広い庭。プールに感激です。

sd01_19.jpg
庭に出るや否や、後ろからドン!プールへドボン!ようこそティエラサンタへ

sd01_21.jpg
夕方にはサンディエゴパドレスの本拠地。ペトコパークへ。最初についたメンバーで記念撮影。
このペトコパーク。野球の国際大会、ワールドベースボールクラシックのメインスタジアムとしても有名です。

sd01_22.jpg
アメリカの球場はファンとの距離が近いです。スタンドが低いのでバッティング練習の見学も迫力満点。

sd01_23.jpg
サンディエゴパドレスの今日の相手は、日本人選手として大活躍している黒田投手を擁するロサンゼルスドジャース。黒田投手はなんでも前日に登板したようで出番はなく残念でしたが、初めて見る本場のベースボールにドキドキです。

sd01_31.jpg
レフトスタンドにはドジャースの4番、ケンプ選手がファンにサインをしていました。「俺もサイン欲しいなぁ・・・。」

sd01_32.jpg
人ごみの中に突撃!!ケンプ選手の手元には、今回のオフィシャル帽である横浜ベイスターズからご提供いただいた「YOKOHAMA」の帽子が・・・。念願の直筆サインゲット!!

sd01_24.jpg
一仕事終えたらお腹がすいた模様。ハンバーガーショップで自ら購入し本場のバーガーを食べました。
注文するときはもちろんアルビオン先生から教わった「May I ~」のフレーズ。今回の留学では、このフレーズが彼らを沢山助けてくれました。

sd01_25.jpg
日米の子どもたちの会話も弾み、ハンバーガーに満喫していたら、大失態!!
今年の日米青少年ベースボールキャンプを歓迎し、ゲーム開始前の国旗交換を見損ねてしまいました。
あわてて、テレビモニターに映る、池浪監督と我らがフューチャーテーブルの代表選手を撮影。

sd01_30.jpg
さぁいよいよ試合開始。バックスクリーンのモニターに国旗掲揚の様子が映っていました。まさに本場のベースボール。

sd01_29.jpg
胸に手を当て国旗を見つめる愛国者たち。

sd01_27.jpg
フィールドでプレーする大リーガーたちの振る舞いも雰囲気がありました。

sd01_33.jpg
サンディエゴのマーク「SD」シールを貼って応援準備もバッチリです。


試合が始まると数時間前に知り合ったばかりの友達と大騒ぎ!!
彼のアメリカでのニックネームは「ジャパニーズコメディアン」でした。

sd01_40.jpg
パドレスが勝ち越し!
スタンドは大騒ぎです。

sd01_41.jpg
試合はパドレスの勝利!
喜びを分かち合うグータッチ!コミュニケーションもバッチリです。

国際交流

フューチャーテーブルでは海外との機関と提携し、子どもたちの国際交流を図っております。

・日米青少年ベースボールキャンプ2012(coming soon)

日米青少年ベースボールキャンプ2011

日米青少年ベースボールキャンプ2009




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。