Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日米青少年ベースボールキャンプ2011 8日目

sd08_05.jpg
今日は朝からポイントローマに遠征し、ポイントローマオールスターズとの対戦です。
ポイントローマのリトルリーグは我がティエラサンタのリトルリーグと1位2位を争う強豪チームです。

sd08_03.jpg
今日のゲームは、ジャパン単独チームでの対戦。ティエラサンタオールスターズは応援です。
1週間の成果が問われる重要な試合です。

sd08_10.jpg
気合いの入ったキャッチボールです。負けるわけにはいかない。そんな気迫が伝わってきます。

sd08_20.jpg
いよいよ試合開始。今日も日本式の整列で試合が始まります。

sd08_22.jpg
ポイントローマの選手と健闘を誓うシェイクハンド。
それにしても相手選手は大きいです。

sd08_23.jpg
握手をして相手とコミュニケーションを取る。アメリカ生活では基本的な動作であるということを学びました。

sd08_24.jpg
ちょっとした挨拶をしたりと英会話への努力が実ってきました。

sd08_25.jpg
色々な思いがこみ上げてきます。アメリカでの最終戦。終わりたくないこの瞬間。
最後の戦いに臨みます。

sd08_26.jpg
円陣を組み、気合いを入れます。相手チームは何をやっているのか不思議そう。

sd08_28.jpg
守備につくポイントローマ選手たち。グラウンドもとても良いグランドでした。内野の芝は人工芝、外野は天然芝です。

sd08_29.jpg
ジャパンの攻撃は、長身から投げおろす速球派の相手投手陣をなかなか攻略できません。

sd08_32.jpg
ジャパンは守備を中心としたスモールベースボールで応戦。コントロール主体の打たせて取るピッチングです。

sd08_33.jpg
パワーヒッターがそろうポイントローマ打線が爆発。

sd08_35.jpg
投手陣合わせて1被弾含む13失点を喫しました。

sd08_34.jpg
チャンスもしっかり作りました。満塁のチャンスでは足を絡め1点を返しました。

sd08_36.jpg
しかし、もう一本が出ませんでした。

sd08_37.jpg
13-1で完敗してしまったものの、彼らはアメリカでのベースボールをやり遂げた満足感に満ちていました。
将来アメリカで野球をやりたい。留学したい。もっと英語が上手くなりたい。彼らは自分たちの夢を明確に話してくれました。

sd08_39.jpg
日本式整列で試合終了。ポイントローマ選手たちから沢山のお土産をいただきました。
僕も日本で子どもたちにノックをとバットをもらいました。

sd08_43.jpg
記念撮影。気のせいか立って並ぶと慎重さがあるのに膝立ちだと大した差はありません。
彼らは足が長いという事なのでしょうか。

これでサンディエゴでのベースボールは全行程終了。硬式ボールに慣れ、腰を落とすことを覚え、コミュニケーションを取り、短期間ですがベースボールを満喫する事が出来ました。


野球が終わると、オールドタウンにショッピングへ
日本でたくさん勉強した、英会話買い物バージョンとUSドルの使い方の成果を発揮する時がやってきました。

sd08_59.jpg
お土産を買うのは旅行の楽しみの一つ。夕方にはフェアウェルパーティーがあるので1時間くらいしか時間はありませんでしたがとても楽しそうでした。

sd08_64.jpg
子どもたちのお土産に多かったのはキーホルダーでした。中にはお母さんにとネックレスを買った粋な子もいました。

sd08_66.jpg
お土産の買い物に行ったのは古き良きアメリカを今日に残したオールドタウンです。
本来ならばゆっくり家族で1日過ごすような場所です。

sd08_68.jpg
普段は持つことのない大金でのお買い物。使い途が分からなかったかもしれません。
時間が短かったこともありますが、あまり沢山のお土産は買えなかったようです。
メジャーリーグショップの方が興味があったのかもしれません。

sd08_82.jpg
買い物が終わるとお昼です。今日はメキシカンを食べました。

sd08_81.jpg
子どもたちは激辛のサルサソースやチリビーンズには難色を示していました。

sd08_75.jpg
ミニバンドがメキシコの音楽を弾いてくれました。お店からのサービスです。

sd08_80.jpg
ジャンボサイズのジュースには大喜び。おかわりも出来るためたくさん飲みました。

sd08_83.jpg
こちらの席は中学生と高学年なので上品に食べています。

sd08_84.jpg
大人チームの様子。
池浪監督のグラスはすでにひとつ空っぽです。


食事を終え、2時間程度の休憩を挟んで


フェアウェルパーティーが始まります。
マーク監督の家に行くや否やプール遊びです。

sd08_89.jpg
来日した8日前と比べプールの水はだいぶ濁ってきました。
それだけ沢山遊んだということでしょう。
日米対抗水中ドッジボール大会を開催中です。

sd08_94.jpg
バフェスタイルでのBBQです。もうおなじみの光景となりました。
今日はビーフステーキです。

sd08_95.jpg
ステーキは乗っていませんが、チェダーチーズが乗ったジャガイモがおいしそう。
コーンもサラダもおいしかったです。

sd08_96.jpg
プールサイドで気ままに食事です。

sd08_97.jpg
アメリカ少年4名と日本少年2名の組み合わせでの食事です。
英語が話せるようになったとは言いませんが、心と心は通じ合うようになった事は間違いないでしょう。

sd08_98.jpg
ガッツリ食べました。

sd08_99.jpg
親友になったこの二人。帰国後もまめに連絡を取り合って親睦を深めているそうです。

sd08_100.jpg
みんなで楽しいBBQもこれで最後です。

sd08_101.jpg
食べてる時は夢中です。誰も会話をしている人がいません。

sd08_108.jpg
ホームステイ先ごとの集合写真です。

sd08_110.jpg
マーク監督(CJのお父さん)の家では5人の選手がお世話になりました。

sd08_117.jpg
ビクターさんの家は、5年生3人と息子さん2人で5人兄弟のようでした。

sd08_125.jpg
全体写真。登場人物が多く勢ぞろいとまではいきませんでしたが、思い出深い一枚です。

sd08_128.jpg
DJ(右)とターナーとの写真。歳は倍くらい僕の方が上ですが彼らとは大の仲良しです。

sd08_129.jpg
CJとの写真。CJが来ると家がいつも賑やかになりました。



フェアウェルパーティーも終わりClub Viegasに戻ると
DJとターナーたちが庭でテントを張って寝る支度をしていました。
今日はCamp Viegasになっていました。

sd08_131.jpg
テントの中で彼らにお礼としばらくのお別れを告げました。

2011年8月10日完
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。